« 早くも夏バテ・・・ | トップページ | ちょっと早い帰省 »

雨の三連休はのんびりモード

その1
 三連休は生憎の雨模様(というか、日・月と福井県:嶺北地方に大雨洪水警報、嶺南地方に大雨洪水注意報発令)でした。
 まあ、そういう時は家でのんびりとするのが一番ですね。

その2
 知人からベルギービールをいただきました。
 ということで、土曜日はスペアリブ(当方が調理)とザウアークラフトもどき(奥さんが調理)を作ってベルギービールを堪能させていただきました。

 日曜日は、夏バテ防止にと、うなぎの蒲焼と瓜の奈良漬をいただきました。

 月曜日は、奥さんのたっての希望から地元敦賀で獲れた新鮮な鯖を丸焼きにしていただきました。

 食って飲んでの毎日だったような気もするヾ(^^;

その3
 先日故障したSONYのアンプ(TA-F555ESX)は無事修理完了ヽ(^^)ノ
 故障は整流ダイオード及び出力リレーの不良によるだったとのこと。
 半田劣化部も修正していただき、力強い音が復活しました。

 ちなみに修理費は2万1千円(TAX込)+往復の送料+代引き手数料でした
 今、アンプ買換えとなると20万コースなので、安く済んだのだと思います。
 でも、予定外の出費なので痛いのは事実ですが(^^ゞasease

その4
 こちら福井の名物料理でマイブームなのは、ヨーロッパ軒のソースカツ丼と越前おろし蕎麦です。

 前者は、卵とじではなく汁が特製ソースのみというもの
 ただ、毎度食べるとカロリーオーバーになるので、月に一度の楽しみとしています。

 ちなみに、このソースカツ丼はヨーロッパ軒福井総本店が発祥だそうな
 福井のヨーロッパ軒総本店と敦賀の支店でメニューが微妙に違うし、ソースカツ丼も微妙に異なるのが面白いところ。我が家では敦賀支店の方が評価が高いです。

 越前おろし蕎麦は、大根おろしが入ったもの
 おろし立ての大根のツンとした辛さが刺激的で結構オツな味です(^^)b
 奥さんにも好評で、我が家の夏のざる蕎麦はおろし蕎麦がディフォになりました

その5
 敦賀で最近目に付く旬の花というと「合歓の木(ネムノキ)」ですね。
 マメ科の木で夜に葉を閉じるので、まるで眠る様に見えることから「眠りの木」と言ったのが最初とか。
 ちなみに、我が家にある同じマメ科の「庭藤(ニワフジ)」も夜に葉を閉じます。

|
|

« 早くも夏バテ・・・ | トップページ | ちょっと早い帰省 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

のんびり休暇は良かったですね。奥様と一緒でよけいに・・・仲良しご夫婦ですね(*^_^*)
ニュースみて大雨だったことを知りびっくりしました。自然には勝てませんね(/_;)これから台風もありますし・・・台風は北朝鮮方面に行ってチョ~・・・なんて無理ですしね。
ソースカツ丼TVで知りたまに作りますが、福井が発祥の地とは知りませんでした。おろし蕎麦の大根は長野などでも特別からい「ねずみ大根」っていうのもあって、食が進みますよね。主人も蕎麦好きです。
おいしい物食べて、身体をリラックスさせてこれからの猛暑をのりきりましょうヽ(^o^)丿

投稿: いすうちゃん | 2006年7月18日 (火) 21:39

 いすうちゃんさん、こんばんは

 敦賀は、市街地を囲むように田圃が広がっている関係から、田圃が天然のバリアーとなって洪水とか土砂崩れから守ってくれるので、助かります。

 ソースカツ丼を考案した高畠増太郎氏は、最初(大正2年に)新宿区早稲田鶴巻町にヨーロッパ軒を開店した後、関東大震災に遭って店を閉め郷里福井に戻ってから、大正13年に福井市順化1丁目(片町通り)に今のヨーロッパ軒(総本店)を開店したそうです。

 福井では、カツ丼というとソースカツ丼で、普通の卵とじのカツ丼は和風カツ丼とかカツタマ丼とか言うみたいです。
 σ(^^;は大学時代に福井出身の先輩にソースカツ丼の存在を初めて聞きました。

 長野(信州蕎麦)でも大根おろしをかけて蕎麦を食べるのですね。
 大根おろしはちょっと辛めの方が食が進みますね。
 我が家では、おろし蕎麦を食べてから、冷やし蕎麦に大根おろしを用意するのがディフォになりました。

投稿: Kim | 2006年7月23日 (日) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169848/10986908

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の三連休はのんびりモード :

« 早くも夏バテ・・・ | トップページ | ちょっと早い帰省 »