« レンズが拗ねた | トップページ | 雨中を転戦 »

救えたもの・役目を果たしたもの

 先日、もてぎで撮ったコダクロームのポジを本日受け取ってきました。
 ぱっと見た感じでは、AF300mmF2.8SSMで撮ったコダクローム200はバッチリ、絞りが粘っていたAF70-200mmF2.8SSMで撮ったコダクローム64の方もフィルム感度の差により絞り込まずに使えた為ちょっとオーバー気味かな?程度で済みました。これなら救えそうです。
 フィルム代も現像代も高いコダクローム64のラスト3本が全滅だったら泣くに泣けませんからね。

 先日足回りがつぶれてしまって再度焼いてもらった門デフC57の引き伸ばし写真も出来上がっていました。
 適正露出となる見本(Lサイズプリント)もつけてたのに、ちょっと起こし(輝度を上げ)すぎで蒸気機関車の黒が灰色っぽくなっているな、と思いつつ家に持って帰ってよく見ると、ランボードの白線の下に薄緑色の偽色が出ていました。これは再焼き直しのクレームを入れる必要がありますね。
 中々こちらの思い通りに焼き伸ばしてくれないです。

 木曜日は、先日日曜日の臨出の代休でお休みだった関係から、午後に西福寺に紅葉を撮りにXD-sを持ち出したのですが、ファインダー内で絞り表示が見えなくなっていました。ペンタ内部に有る絞り表示用のガラスのどこか一部が外れた模様。まあ、不便ではありますが使えないことは無いのでそのまま使うことにしました。

 今日は久しぶりに週末の快晴、ということで木曜日に残ったフィルム消費に励みました。
 入手してから一度も使っていないNewMD100-500mmF8APOを担ぎ出して新疋田駅へ
 残りのフィルムを無事取り終わった後に、先のXD-sの巻上げ部(スプロケット)が滑って全くフィルムを巻き上げられない状態になってしまいました。これで、XD-sの修理が決定です。
 フィルムを撮り終わった後なのが唯一の救いかも。

|
|

« レンズが拗ねた | トップページ | 雨中を転戦 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169848/17103012

この記事へのトラックバック一覧です: 救えたもの・役目を果たしたもの:

« レンズが拗ねた | トップページ | 雨中を転戦 »