« 晩秋のばんえつ物語撮影(その3) | トップページ | 熱帯魚の飼育ブログを始めました »

アタリが出てきた!?

 我が家の愛車であるECR32セダン:さめさん(ヽ(*^Δ^*)ノ)号は'91年の晩秋に購入して既に18年
 燃費はというとハイオク燃料を使って高速道路を普通に走ってリッター10kmを何とか越える程度、街乗りはリッター6~7km程度でした

 ところが、さめさん号の累積走行距離が9万5千kmを越えるあたりから高速道路巡航時の燃費が急に向上し、リッター11km前後と1割の燃費向上となりました
 追浜に勤める友人がRBエンジンは10万kmを越えるあたりからが美味しいと言っていましたが、どうもそのようです

 23日は新潟でさめさん号にガソリンを満タン入れた後、途中3箇所で「SLばんえつ物語号」を撮影しつつ、山都まで115km程走行
 その後、敦賀の自宅まで走る距離がカーナビ曰く約530kmとのこと
 リッター11kmで計算すると燃料タンクの60リッター+αを使って合計約650kmは何とかギリギリ移動可能という計算が立ちます

 ということで、燃料計とカーナビが示す自宅までの残り走行距離を睨めっこしながら磐越道と北陸道を110~120km/h巡航で帰宅することにしました
 目安は残り約10リーターで点灯するエンプティランプが福井ICを通過するまでに点灯しなければ確実に帰宅可能と言う感じになります

 ところが、立山町を通過して富山市に入った時点でアクシデント発生
 火災発生のため、上り車線(米原方向)は小杉IC~砺波IC間が通行止め(下りは同区間50km/h規制)になり、一般道を迂回する必要が発生
 カーナビのVICSはこの辺非常に優秀で不通区間発生情報を受けて即代替ルートを提示。結局カーナビに従って富山西IC~砺波IC間(19.5km)を一般道を走ることになりました。
 しかし、一般道でかつ丘陵地帯を走ることになる訳で、その間の燃費は3割以上は悪化、その結果貴重な1リッターをここで浪費する羽目になりました

 それでもめげずに、エンジン回転数2400~2600rpmあたりをキープして約120km/hで巡航して西へ西へと走ります
 徳光PAで夕食を食べるため休憩した時点で、燃料計の残りガソリン量と残り走行距離から、少なくとも残り5リッターは残して帰宅可能、エンプティランプ点灯が今庄あたりと目処をつけました

 その後も順調に走り、エンプティランプ点灯は南条SA~今庄IC間で迎えガス欠にならずに帰れることが確実となりました

 結局敦賀に戻ってきてガソリンスタンドで燃料タンクを満タンにしてもらうと53.0リッター入りました
 この間の走行距離は647.8km
091123_
 最終的に今回の燃費はリッター12.2kmと新記録達成です
 また、さめさん号で一回の燃料給油で600km以上走ったのは今回が初めてでした

|
|

« 晩秋のばんえつ物語撮影(その3) | トップページ | 熱帯魚の飼育ブログを始めました »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169848/46860059

この記事へのトラックバック一覧です: アタリが出てきた!?:

« 晩秋のばんえつ物語撮影(その3) | トップページ | 熱帯魚の飼育ブログを始めました »