パソコン・インターネット

ドイツのminoltaコレクターからのMail

 今朝、英語のMailがσ(^^;に届く

 ドイツのminoltaのコレクターからのMailでした。
 その方のWebはこちら

 なんでも、当方のWebに載っているフードのうち、100mmF2用のD62NAの画像をあちらのWebのフードリストの画像に使いたいとか(事後承諾ですが)
 ということで、こちらに採用されております。
 今度、当方のWebからもリンクを貼らないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CP+会場の無線LAN混雑状況

 昨日は大雪の影響で開催が中止となったCP+
 仕方なく本日出かけてきました。

 で、本日のお題は、CP+の会場であるパシフィコ横浜での無線LANの混雑状況

 Android端末上で動くinSSIDerというソフトを使うと無線LANの混雑状況が一目瞭然というとても便利な時代、簡単に検証できました。

 まあ、SSIDだけなら普通の無線LAN端末があればチェック出来ますが・・・
 という事でまずは基地局数をチェック:Panasonic~とかRICOH~とかどこのブースの無線LANかが判るSSIDがメインで、中には会場内使用禁止の筈のモバイルルータっぽいSSIDや無線LAN親局のディフォルト設定そのままという奴もあって、その数20局以上

 他にも、無線LAN回線を使ったカメラ機材とPC(or タブレット・スマートフォン)との通信回線も乱立しており、2.4GHz帯には合計60以上の無線が飛び交っている状態
 ちなみに2.4GHz帯の回線数は14ch(しかし14chは11gしか設定出来ないので実質は13ch)、11bや11nだと複数チャンネルを使用するので、干渉しないように設定すると、使えるのは1,6,11の3つのみになったりします。
 そんなところで60以上の無線LAN回線が飛び交うと、各回線での実効帯域は狭くなってしまいます。
 会場には2.4GHzの無料WiFi回線が設定されていましたが、かなり遅いのではないかな?と愚行してみたり。

 一方5GHz帯も36-64chの帯域に10回線以上が乱立、って公共の場所でこれだけの状態は初めて見たかも

 無料WiFi回線のうち、5GHz帯は100chにポツンと立っていたのでこちらは干渉なし。
 会場の外の通路側で64Mbps(ということは11n対応の基地局)で接続されていて快適でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NAS導入

 年末に無線LANの親機を見にヨドバシカメラ川崎店に行った時に、LAN接続ハードディスクが隣のコーナーに有ったのでついつい見ていて、HDD2発でミラーリング構成の出来るLAN接続ハードディスクに興味を持ったσ(^^;
 ネットで値段を見ていたら、一つだけ開封済みのため安値というのがあってついついポチってしまった。

 ということで、昨日無事届いたのがI-O DATAのNAS:HDL2-A4.0(2TB-HDD×2台)
 このNASのウリはミラーリングによる冗長性なので、今回はもちろんRAID1(ミラーリング)にて運用することにしました。
 本日夕方にセットアップして、先ほどRAID0→RAID1への構成変更が完了

 次期導入予定のメインPCはシステムをSSDのRAID1構成で組んで、データは全て今回導入のサーバー側に保存する予定
 ネットワークの帯域がボトルネックになり得るので、無線LANは11acを導入しないと

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無線LAN親機更新

 我が家の4代目の無線LAN親機である、LogtecのLAN-WH450N/GRが昨年秋から、頻繁に無線回線が一時的に切れるように
 だんだん酷くなり、1時間で数回切れることが当たり前の状態になってきたという状況に
 熱暴走なのでしょうかね?

 ということで、今度はNECのAterm WG1800HPに買い替え
 年末にヨドバシのネットショップでポチったら、今日の夕方に到着
 早速こちらに入れ替え、SSID等の設定は旧設定そのままとして端末側の設定を変更しなくても良いようにしました。

 今回の無線LAN親機では11acでMax1300Mbpsという広い帯域を誇りますが、11acモード対応の子機が無いと使えないのが現状。
 11acモードを使うかどうかは今後の端末の更新状況次第でしょうが、我が家の環境では2.4GHz帯は混雑しているのに対して5GHz帯は当方以外使っていない状況なので、とりあえず入れてみました。

 一方で我が家のLAN構成上のボトルネックは、フレッツ光のVDSLルーターの外線からの帯域および、LAN側の帯域が100Mbps、一方で無線LANのWAN側も100Mbpsとこの辺がボトルネックとなっているので、構成を変更して

 従来:光-VDSLモデム-ギガbitイーサHUB-(WAN側)無線LAN(無線)-子機
                        |
                      AV機器

 今回:光-VDSLモデム-(WAN側)無線LAN(無線)
                        |
                 ギガbitイーサHUB-AV機器

に変更

 従来の構成でも11na(シングル150Mbps)接続のタブレットで下りピーク>60Mbps、上りピーク>30Mbpsなので、インターネット回線としては十分
後は、我が家内での高速データ転送を快適に使えればOKかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

使い道が思いつかない

 MicrosoftのWindowsストアのギフトカード(\5,000.-分)がとある事情で手に入ったけど
 何に使えと?

 有料アプリに碌なのが無いとかいう以前に、そもそもスタート画面にタイル状に張り付けてしか使えないソフトなんて欲しくないんだが

 googleプレイで使えるギフトカードだったら、色々と使い道が有ったと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

8.1へのアップデート

 Windows8.1への無償アップデートが開始されていたので、アップデート実施
 しかし、ストアからダウンロードするってのは全く初めての経験で、先にネットで情報を調べておかないと判らなかったと思う

 何とかダウンロードし、アップロードを実施した後の最後の設定でコードの請求をメールで要求した時点で地雷を踏んだという
 自分のPCはWindows8.1へのアップデート途中なのでメールを見ることができないorz
 うちの奥さんのPCを借りてコードを確認して何とか対応したが、1台しかないと対応できないじゃん
 電話で確認しろって事なんだろうけど、夜遅くにアップデートした時はどうするんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ThinkPad X41 Windows7化完了

 我が家のThinkPad X41のWindows7 Pro化も無事完了

 メモリー自体は昨年のうちに2GB増設(本体の512MBは使えず、最大使用量は2GBになるが)
 ボトルネックの1.8inchHDD(今時4200rpmの低速タイプ)は128GBのSSD(RunCore Pro IV)に換装
 無線Lanカードについても、11a/b/g/nに対応した数少ないmini PCI 無線LANカードである、Broadcom BCM43222に換装し、5GHz帯(300Mbps)にて使用
 注:最初は同じく11a/b/g/n対応で「Atheros AR9160」チップセット搭載のSX-10WAGを使おうとしたが、ドライバーの組み込みが上手くいかず使用を断念したという(^^ゞアセアセ

 もうひとつ手間取ったのはWindows7がThinkPadX41内蔵のビデオ(915GMS)のドライバーについて、最初は拡張SVGA互換に設定して、XP用のドライバーを入れても使えませんとつれなく拡張SVGA互換に戻ってしまったこと。
 915GMSのXP用最新ドライバーをインストールしようとすると、インストーラーがこのOSでは使えませんと述べてインストールを中断してしまったり・・・
 結局915GMSのXP用最新ドライバーをWindowsXP互換モードで動作させることで何とかビデオのドライバーのインストールに成功しました。

 尚、今回はSSD化と無線Lanカードの換装に備えてBIOSにパッチを当てて2010エラーおよび1802エラーを回避しています。
 特に無線LANカード換装時にIBM純正以外のカードを使用した時に発生する1802エラーはThinkPadの起動が出来なくなるので回避対策は必須です。

 今回2010エラーと1802エラー回避には
「X41-74UJ15US_SLIC2.1_no_1802_no_2010_by_TTAV134_v2.zip」というファイルを入手してBIOSにエラー回避のパッチを当てることに成功しました。

 他にはSSDをキャッシュ等の一時的なファイルの使用領域として使われることで負荷が増えることおよび寿命が短くなる事を防ぐために、BUFFALO RAMDISK ユーティリティーを使って、使用可能な2GBのメモリーのうち512MBをRAMディスクに設定し、OSおよびFirefox等のテンポラリーエリアに設定
 メモリーを1GB→2GBに増やしてもそのうち512MBがRAMディスクに、512MBが使用不可能で、OSが使えるメモリー量は変わらない結果になりましたが、仕方ないですね。
 ThinkPadX41で2GB以上の領域(512MB)を何かしら利用できる手段があればよいのですけど

 これで、ThinkPad X41ももう数年は使えるかな?
 次は11acがある程度普及した頃にThinkPad Helixに買い替える事になるでしょうσ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今更Windows7導入

 例のWindowsXP問題も後1年
       σ(^^;の職場のPCは、今年中にWindowsXPからWindows7 Proに乗り換える計画とか
      
       普段使っているThinkPad X41のHDDの動きが怪しくなってきたので、SDD換装を兼ねて先にWin7Pro(但し32bit版)化したσ(^^;
 ところが、色々と問題発生中
      
       左「Ctrl」キーと「Caps Lock」キーを入れ替えるのに、「Ctrl2Cap」を使ってみたら、「Caps Lock」キーが使えなくなったとか
       (英大文字入力は普段からShiftキー押しながら入れる癖がついているので、困らないという話も)
      
 画面の色のキャリブレーションにColorVisionのSpyder2expressを使ってみても、結果が反映されないとか
       (うちの奥さんのPC:Win7Homeでは、無事使えた)

 ファイラーに良い奴が無いとか
       (とりあえず卓駆が動いたのでそれを使っているけど)
      
       この後DeskTopもWin7Pro(64bit)化する予定ですが、どうなるやら?
       旧Minolta製Filmスキャナーソフトが動いてくれないと困るんだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年度PC強化計画

 元旦はうちの奥さんの実家に帰省
 義理の母はノートPCをメインで使う様になった為、デスクトップパソコンを殆ど使わなくなったとか
 殆ど使わなくなったモノだから、タマの起動時にはノートンさんがアップデートに張り切ってしまい非常に重たい状況に→奥さんの実家の環境は超ライトユーザーなのでADSLも一番遅い契約のため、アップデートに更に時間が掛かる→こんな状況なので、よけいに使わなくなる!の悪循環に至るという
 今日も、ノートン関連のアップデートだけで3時間とかorz

 ということで、要らないので処分しようかとか言う話が出てきました。

 勿体無いので引き取る事にσ(^^;

 当初はSXGAの液晶モニター目当てだったのですが、スペックを色々と調べると本体もそこそこ使えそうな予感

 機種はLenovoが最初にAMD CPUを使ったデスクトップPCである、ThinkCentre A60 Small DeskTop(Sempron 3000+(1.6GHz)搭載の9266-A13)ですが
 確か仕様はSATAにDDR-2メモリー採用で、スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2(すべてLowProfileだが)

 CPUをAthlon64 X2の4800+あたりに換装して、メモリーを1GB×2に、メインHDDをSSDに換装、ビデオカードも換装すれば十分に使えそうな気がしてきた。
 確かDDR-2の1GB×2は何処かにあった筈だし
 フィルムスキャナー2台接続を考慮するとOSがWindowsXPだというのもメリットか?
 無線LANは11n対応でLowProfileなPCIカードってあったかな?無ければUSBで行く事になるが・・・

 ということで、次回奥さんの実家に行く時に引き取る事になりましたヽ(^o^)ノ

 ノートPCの方は現状のThinkPad X41をSSD化、メモリー2GB化、Windows7化をして延命するかなぁ~?
 無線LANも「no-1802.com」を使えば、Intel製の11n対応のmini-PCI無線LANカードに換装できるらしいし

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

枯渇

 2011年2月3日未明に、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)が管理していた未割り当てのIPアドレス(IPv4アドレス)の最後の配布を実施。
 これをもって、IANAが持つIPアドレス(IPv4アドレス)の在庫がついに枯渇。

 5つの地域に配布された地域インターネットレジストリーのIPアドレスの在庫は早くて9月頃、遅くても10月には枯渇と予想されているとのこと。
 IPv6への早急な移行が必要となりますが、どうなるやら?

 32bit(約43億)のIPアドレスが枯渇するなんて、作った当時は想像も出来なかったのでしょうね。
 しかし、一人に1台が携帯を持って、職場と自宅でパソコンを使って、職場のサーバーやプリンターやワークステーションにもIPアドレスが割り振られるとなると、自宅側はルーターから先はローカルIPでも、一人当たり結構なIPアドレスを消費することになりますよね。そういう意味では、地球上に住む人類の総人口より少ないIPアドレスでは足りなかったというの納得するような気がします。

 IPアドレスというと、'95年頃に職場で構築したローカルなネットワークに、グローバルアドレスを割り振る為に色々と調整したのも今となっては良い想い出です。
 今では、その辺の管理はIS部門に全てお任せなので、楽になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧