経済・政治・国際

暴力装置w

 今、国会で仙谷官房長官が自衛隊の事を「暴力装置」と発言したことに対して、もめておりますね・・・

 政治家が本来知っていないと駄目な用語について、国会で無駄な時間を費やすのはどうよ?しかも、ずっと政権を握っていた自民党が追求するあたりで、なんだかなぁ~って感じ

 「暴力装置」(注)は、ドイツの社会学者・経済学者であるマックス・ウェーバーが自署の「職業としての政治」において提唱した主権国家の定義です。マックス・ウェーバーの名前くらいは高校の社会科で習ったかと。
 詳細はWikipediaでも見てください。

注:暴力装置:(英語:monopoly on legitimate violence)直訳すると「合法的(正統)な暴力の独占」(原文はドイツ語:Gewaltmonopol des Staates 「国による力の独占」という意味)

 政治学科出身のうちの奥さん曰く、「暴力装置」という単語は一般用語の筈とのこと。
 σ(^^;も自衛隊・海上保安庁が、国家の暴力装置で有るとの認識があるので、用語としては問題ないという認識です。
 ちなみに、「暴力装置」のその使い方はシビリアン・コントロールがなされている戦後日本では政治家が判断する事になっています(憲法66条で定義)から、その使い方に対して国会で政権側が責任を追求される可能性は有りますが、言葉を使う事自体は問題ない筈でしょ。

 そもそも、国会議員にもなる人々がマックス・ウェーバーや「暴力装置」を知らない筈は無いでしょ?
 「暴力装置」の意味を判っている筈の自民党の議員が、判らないふりをして言葉狩りをする現状は余計にたちが悪いですね。
 そうでなければ、自民党に所属している議員の皆さんは、「暴力装置」たるものを理解せず政権を握っていた訳になりますよ!

 まあ、ここ75年ほど暴力装置をしょっちゅう使っているくせに、暴力装置を使うにあたっての国際的な最低限のマナー(ルール)である宣戦布告をした事が無い合衆国(朝鮮戦争は国連の要請、ベトナム戦争は自作自演で事件をでっち上げて介入、中米の国々への軍事介入は自国内のゲリラを駆逐する様な勢いですし、アフガン侵攻やイラク侵攻に至っては、宣戦布告もなしに戦争をしかけて問答無用で政権を倒したし)にて、議会で民主党がイラク侵攻の件で当時の大統領が所属していた共和党を責めるのなら判りますけどね。
 合衆国はなんたって、暴力の独占がなされていない野蛮国ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

結局なんだったんだ?

 昨年初頭に世間をにぎわせた中古家電のPSEマーク
 中古家電を販売するに当たっても、PSEマークの無い古い家電製品には中古家電の販売店に漏電検査によるPSEマークの所得を義務付けていた法律です。

 ところが官庁が周知徹底を怠ったため、中古家電の販売店は導入の直前(約半年前)になって知るという状態となり、それからの半年は大混乱状態。
 法律施行直前になってから、ビンテージ品はOK:但しリストに載っているモノのみ(このリストがまたどういう基準で作っているのか?マークが何個も付くような状態だったりする)としたり、レンタル扱いにすればOKとしたり、場当たり的な対応をやっていました。

 で、結局のところ、中古家電はPSEマークなしでも販売が可能とするために法令改正をする事になったそうな。
http://www.sankei.co.jp/keizai/kseisaku/070629/ksk070629001.htm

 最初からそうすれば良い物を何を今更!!って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さじ加減次第

 一部で話題沸騰、
 中古オーディオショップやビンテージ楽器ショップからすれば、ある意味店を畳めと言っているに等しい悪法:PSE法ですが、急展開に

http://www.sankei.co.jp/news/060314/kei051.htm

http://www.asahi.com/business/update/0314/120.html

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060314AT1G1401414032006.html

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060314/pse.htm

 中古家電のうち、ビンテージ楽器、オーディオ、映写機、写真の焼付け器等は対象外とする省令が出るらしい。
 結局官僚の解釈というか裁量でどうにでもなる訳ですな。

 しかし、例外の基準は何処で線引きするか?などまだまだ問題があります。あと2週間でクリアできるのか?
 で、一部例外になるとしても、4月からのPSE法施行により商品が売れなくなるということで、在庫処分を始めたオーディオショップやビンテージ楽器店からすれば、官僚の法解釈に振り回されたわけで、良い迷惑ですなぁ~
 一方で、今回の新解釈でも一般家電のリサイクルショップは救いが無いわけで・・・

 まあ、過去に遡って適用される法令なぞ、悪法以外の何物でも無い訳なんですが
 大体、500V未満の弱電に1000Vでの絶縁抵抗測定を求めるセンスの無さ加減で、モノを知らない人達が作ったってのが丸判りなんですけどね。
 σ(^^;もお仕事で機器の絶縁抵抗を測定したりしますが、480VのP/CやC/Cの機器には500Vの絶縁抵抗器を使って絶縁抵抗を測定します。1000Vの絶縁抵抗器は6.9kVのM/Cにしか使いません。
 万が一480Vの弱電機器に間違えて1000Vの絶縁抵抗器を使ったら、懲罰モノなんですけど(^^;A 

3/15追記

 今回の対応って元々中古は規定していなかった法律に何が何でも4月1日から適用するためのツジツマ合わせらしいね。

http://www.asahi.com/business/update/0315/060.html

 リサイクル業界が初めて連絡を受けたのは昨年11月って事だが、これって「PSE法で中古販売できなくなったら、困る?」っていう趣旨のアンケートだったらしいし、話があったのは大手だけで、リサイクルショップの大多数を占める中小企業には何にも話が行かなかったらしい。
 今年2月に経産省がホームページで中古品が対象になることを明示したのと同時に業界に正式通知をして初めて知ったお店が殆どって話からすると、話にもならないですな。

 ダメだコリャ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|