カメラ機材

ドイツのminoltaコレクターからのMail

 今朝、英語のMailがσ(^^;に届く

 ドイツのminoltaのコレクターからのMailでした。
 その方のWebはこちら

 なんでも、当方のWebに載っているフードのうち、100mmF2用のD62NAの画像をあちらのWebのフードリストの画像に使いたいとか(事後承諾ですが)
 ということで、こちらに採用されております。
 今度、当方のWebからもリンクを貼らないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝注文すると夜には届く

 朝8時前にヨドバシカメラのネットで注文、13時過ぎに発送されて夜には商品が到着
 早いっすね

 今回注文した商品はうちの奥さんの希望で、360度全球撮影が出来るデジカメ「RICHO THETA
 カメラ仲間のQ師が持ち歩ているのを見て欲しくなったとか

 代金支払はσ(^^;

 早速うちの奥さんのスマフォに接続できるように設定しました。

 このカメラのケースとして、うちの奥さんにこちらを薦めておきました。ケースの方は奥さん自ら購入する模様。

 さて、σ(^^;の方もα7Rの手配をしないと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

悩ましい

 銀塩時代のオールドレンズの救世主:SONYのα7/α7R
 実写情報が色々上がってきたので吟味中

 気になったのはこちらの記事
 ソニーα7R/7はオールドレンズのベストボディか?(機能解説編)

 こちらによれば、ライカM/Lマウントレンズを使うにはα7の方が有利とか
(α7は実用28mm迄に対し、α7Rは実用35mm迄)
 G-ROKKOR 28mmF3.5を使うことを考えるとα7にすべき
 SRマウントレンズやLマウントでも私の大好きな35mmだとα7RでOK

 広角に有利と思ってα7Rを考えていたのだが、逆という結果らしい

 明日の実写編も気になるな・・・

 来年3月末迄にどちらを選ぶか決めねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

必要な画素数

 本日発表されたNIKONのDfですが
 センサーだけD4、シャッターやAFセンサー類はD600

 しかし、今時D4のセンサー?
 確か16M前後(1,625万画素らしい)

ここで、適当にカメラの画素数をピックアップ

APS-C
α-700:1,220万画素(4,272×2,848 pixels )
X100:1,230万画素(4,288×2,848 pixels )
D300:1,230万画素(4,288×2,848 pixels )
X100S:1,630万画素(4,896×3,264 pixels )

フルサイズ
D4/Df:1,625万画素(4,928×3,280 pixels )
D600:2,430万画素(6,016×4,016 pixels )
α-900:2,460万画素(6,048×4,032 pixels )
α7R:3,680万画素(7,360×4,912 pixels )
D800:3,680万画素(7,360×4,912 pixels )

次に、σ(^^;が使う主なサイズであるW4(ワイド四つ),半切を200dpi~400dpiで印刷した場合の必要ピクセル数はというと

200dpi
W4:2,000×2,882 pixels
半切:2,803×3,402 pixels

250dpi
W4:2,500×3,602 pixels
半切:3,504×4,252 pixels

300dpi
W4:3,000×4,323 pixels
半切:4205×5,102 pixels

400dpi
W4:5,000×5,763 pixels
半切:5,606×6,803 pixels

ちなみに、富士フィルムのクリスタルプリントの推奨画素数は以前は300dpi。
W4で印刷するには短辺方向で3,000ピクセルが必要(実際は枠の分だけ数十ピクセル少なく済む)なので2,800ピクセルを少し超える画素数でしかない12M(1,200万画素)のAPS-Cデジカメでは少し足りない計算に。そうなると、やっぱり16Mのフルサイズの奴と思っていました。そういう意味ではDfはお散歩カメラとしてのスペックは十分満たしているのかもしれません。

しかし、時代は進歩してAPS-Cカメラで16M時代に突入、フルサイズでは24Mが標準でその上に36Mが君臨する状況

画素的には微妙と言わざるを得ないのが現状かも

#キヤノンはEOS-5D MarkIIIの22MがMAXだって?
#あそこは知らん

一方で、富士フィルムのクリスタルプリントの推奨画素数が今では200dpiに・・・・
即ち12Mで半切OK(ヲイ!)

画像処理(特に補完処理)も進歩したので従来比2/3の分解能でもOKって事かよ?orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遠い親戚

 本日は、うちの奥さんと、そのお母さん(σ(^^;にとっては義理の母)と3人で東京フィルの定期公演会に

 前日の夕方に、義理の母からうちの奥さんに遠い親戚の所の要らなくなったカメラ機材を回収して欲しいと連絡有り
 どうせminoltaは無いと思って特に回収の準備もせずにとりあえず様子を見に、朝からその遠い親戚宅にお出かけしました。

 話を聞くと、うちの奥さんの母親の姉の旦那が残した機材らしいです。

 有った機材はニコン、キヤノン、コニカ、マミヤ、京セラ
 京セラのAFカメラは流石に要らない・・・
 コニカのC35やAUTOREFLEX T3も流石にねぇ~

 ということで、とりあえずニコンのF2フォトミック(DP-1)とPC-NIKKOR 35mmF2.8,キヤノンのL1とIV Sbっぽい(しかし1/1000secが無いのでその廉価版)奴とLマウントレンズで35mmF2.8に50mmF1.8,100mmF3.5(いずれもfeet表示)を回収
 自宅に持って帰ってきて無水アルコールで清掃。

 キヤノンのバルナックライカコピー機は、調べたところII F型の模様

 しかし、今回入手したカメラBodyだけでもしっかり整備したら幾ら掛かるのだろう?
 オブジェが増えたことは確かかとヾ(^^;ォィォィ

 マミヤプレススーパー23も一応押さえておいたけど(ホルダーは6×7の120&220用のみ)なんか欲しがる人居るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金環食観測

 本日は、世紀の天体ショー:金冠日食の日
 σ(^^;は有給を取って観測する事に

 しかし、天気予報は生憎の曇天
 観測できるか微妙なお天気でしたが、早朝5時起床で、登戸経由向ヶ丘遊園下車で観測会場である「かわさき宙と緑の科学館」に向かう
 6:30頃に会場に到着するも、曇天で太陽は見えず・・・・

 しかし、7時過ぎに雲の切れ目から太陽が顔を出しました。
01

 

日食がドンドン進みます。
02

03

04

 まもなく、金環日食
05

 正に太陽の環が繋がる直前の画像
06

 ほぼ、金環日食になった直後の画像
07

 

綺麗な金環日食に
08

 更に月が太陽の中央に向かって移動します
09

 月が太陽のほぼ中央に来た状態
10
 川崎は金環食を見ることが出来るベルトのほぼ中央に位置しているため、このような綺麗な金環を見ることが出来ました。

 こちらは、上の画像を当倍ピクセルで切り取った画像
10a
 ↑画像をクリックすると元サイズの画像が出てきます。

 金環日食中の観測場所:かわさき宙と緑の科学館前の広場
 皆さんしっかり日食グラスをつけて観測中
21_2

 金環日食も終わり、太陽が姿を見せ始めました。
11

12 13

 次は6月6日にある金星の太陽前面通過ですね。

 本日の機材
・カメラ:DSLR-A900
・レンズ:SAL500F40G
・三脚:Elite 4S
・レリーズ:RC-1000S
・フィルター:アストロソーラーフィルター ND-5
22

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

奴がやって来た

 本日、20時20分過ぎ
 奴が到着

 σ(^^;は持って買える気満々だったのですが、アルミケースや梱包材込みで11kgの重さ表示にうちの奥さんが懸念を示した為、宅配便にて発送してもらう事になった事から、今日の夜到着となりました

 専用ストラップ(これは有った方が良い)に専用polarized filter(既に持っているけど使ったこと無いσ(^^;)付きで概ね和紙一束
 価格comの最安値より安い値段には、手配してくれたK氏に感謝

 アストロソーラーフィルターも入手したので、21日の金環日食の機材は無事全てそろいました。「かわさき宙と緑の科学館」(生野公園)での金環日食観察会にも当たったことだし、後は当日のお天気次第ですね。
 その後6月6日の金星日面通過も控えていますので、活躍してくれることでしょう。
 後は航空ショーあたり
 登場があと1年半早ければ新疋田でも活躍したのですが(^^ゞasease

 SONYになってから、長ダマとしては2番目の新規設計のレンズ:SAL500F40Gは、サイドのボタン類の配置こそAF300mmF2.8G SSMを継承していますが、その他の作りはかなり変わっています。
 三脚座は取り外し不可能となり、指標も無くなった代わりに0度から90度毎にクリックする様になりました。
 さて、専用バッグを探さないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

X100到着

 昨日発売となった、FUJIFILM Finepix X100 BLACKが本日午前中に無事到着!

 

午後にちょっとした周辺機材を購入にお出かけ。

 ストラップはストックのMINOLTAストラップ(細)をチョイス
 結局フードはドームタイプを選択して、以下の様な趣になりました。
20120219_x100

 何故かX100が2台写っている様なヾ(^^;oioi

 σ(^^;が既にX100シルバーを持っていた、って訳ではありませんので、その辺誤解なきように

 ちなみに、本日届いたσ(^^;のX100は右側の黒の方です。

 左側のX100はというと・・・・・・・

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

 本日、奥さんが中野のフジヤカメラでお買い上げになられた、日常スナップ撮影用デジカメ(X100が3代目に該当)です。

 夫婦で同じカメラを持つのは、Repo-S、XDに続いて3台目、主力カメラとしては初かと
 ちなみに、奥さんのX100についているストラップ及びソフトレリーズは奥さん所有のXDから引っぺがして持って来たもの。
 XDが不憫だ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SL北びわこ号 2011冬の陣(その3)

 2月13日(日)は2011年冬のSL北びわこ号の最終日

 前日にヘイシンのライブカメラで高月の方は未だ残雪で雪化粧なのを確認
 早朝から行って、高時川南岸(いわゆる河毛カーブ)で撮るつもりでした。

 しかし、前日午後の段階で既に20台前後の置きゲバ&脚立有りとの情報を得る。
 三脚20台となると、高時川南岸のキャパは満杯と考えるべきですから、当日早朝に行っても無駄という結論に。
 結局、天気を眺めながら河毛駅発進を撮るか、北陸道をアンダークロスした後の上り勾配で撮るかを選ぶことに。

 当日朝の敦賀は青空も見えるそれなりに良い天気でした。
 しかし、国道8号で新道野越えをするあたりから雲が増えてきて、湖北に入った時には西空は分厚い雲に覆われていました。
 となると、北陸本線の東側から撮ると、バックは雲ということになります。
 ここで、午前の部の撮影ポイントは6日午後と同じ、北陸本線が北陸道をアンダークロスして直ぐの場所(6日の午後と同じ場所)とすることに決定。

 こちらで隣に居たのが、Minoltaα使いの、のり君さん
 以前にも当ブログに来てくれたとか

 SL北びわこ号が来るまでの間、Minolta談話に話が弾みました。

 一方、天気の方は日が射したり、雲に隠れたり
 この場所で午前中は日が射すと逆光になるので、出来れば日は雲に隠れて欲しい所

 さて、SL北びわこ1号は本日も煙を上げてやってきました。
 日も直前までは射していましたが、SL北びわこ1号が通り過ぎる本の僅かな瞬間だけ雲に隠れてくれました。
110213_

 こちらは、上と同じ画像のアップ
110213_2

 のり君さんと別れた後、午後の部は高時川南岸で撮るべく移動しましたが・・・・
 既に三脚と脚立でいっぱいでした。
110213__3
 σ(^^;だけなら、ハスキーの4段と脚立でなんとかなる気もしますが、うちの奥さんのSLIKの三脚ではこの後ろから撮るのは無理と判断して、撤退しました。

 午後は、天気を見ながら決めることとして、本日も長浜スクエアに行き昼食をいただきました。

 今日は、蘭亭でオムライスを食べることにしました。
(先週もσ(^^;はオムライスでしたが、今日はうちの奥さんの希望)
110213_1

110213_2_2

110213_3

 本日は、夫婦揃ってオムライス・デミグラソースです。
110213__2


 昼食を食べた後の湖北の天気はというと、伊吹山が綺麗に見える状態になってくれました。
 そこで、伊吹山をバックに入れるために高時川北岸を午後の部の撮影ポイントとし、しっかり、伊吹山がバックに入る良いポイントを抑えました。

 しかし、その後天候が急転、途中吹雪が舞ったりする状況になってしまい、伊吹山も見えなくなってしまいました。
110213_2_3
 線路の向こう側に居る人だかりが高時川南岸(河毛カーブ)の撮影ポイント
 脚立に乗った人が何人も居るのが良く判ります。

 高時川北岸も大勢の人が集まりました。
110213_1_2
 上の画像は未だ天気が良かった頃

110213_2_4
 こちらを撮った時は既に雪が舞う状況に

110213_3_2
 少し天気が回復

110213_4
 こちらは、直前の画像
 人が増えていますね

 そうこうして待っている間に、珍客が襲来
110213_5
 直前に入ってきて、川の近くで構える珍客
 この後側には数十名の撮影者が居ますので、角度的に考えて、その人達のファインダーにはこの珍客が入る事になります。

 後から注意の声が飛ぶも、自分の事では無いと全くの無関心
 結局、当方の手前に居た人が珍客の近くまで行って声を掛けて、やっと邪魔にならない場所に移動したという。
 珍客曰く「昨年は此処で撮った」とのこと・・・・・・・・

 まあ、こういう騒ぎも何とか収束した後にSL北びわこ3号がやってきました。
110213__4
 白煙はそれなりに出ているのですが・・・・
 本来なら伊吹山の2両目の客車の後に入っているのに・・・・・

 天候には勝てません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

SL北びわこ号 2011冬の陣(その2)

 2月6日(日)は2011年冬の北びわこ号の2日目
 例年SL北びわこ号を牽引している蒸気機関車:C56 160号機は2月上旬から点検に入ったため、C57 1号機が代走を務めます。

 元々一番混む冬に、雪景色(先週降った雪)、更に2007年春以来のC57が牽引ということで、至るところで劇パ状態になるのは必須

 せっかくの雪景色ということで、午前の部は河毛駅発進を撮ることにしました。

 河毛駅の北側が撮影ポイントとなります。

 既に、河毛駅直ぐ北の踏み切りに通じる道の所に撮影者が列を成していました。
110206_1

 ここにこれだけの人が集まっているという事は、普段撮影している北陸道の手前のあぜ道からの撮影だと、人が沢山入ってしまいそうなので、この列の端で撮る事に。

 ちなみに、直ぐ北側に目を向けるとこんな感じ
110206_2
 線路沿いに、撮影者が居ますね。
 奥に見える北陸道の右手側の堤の手前がいつも河毛駅発進でのσ(^^;の撮影ポイントですが、これだと撮影者が入ってしまうことになります。

 しかし、北陸道の右手の堤を良く見ると
110206_3
 堤の所の真ん中あたりに人の列が出来ているのが判ります。

 ちなみに、あの場所は北陸道の敷地内ですから、もちろん立ち入り禁止場所です。
 北陸道の管理の人から出て行く様に指示が有ったのに、そのまま居座っていたらしい。
 更に、線路側に団体さんが来ると、自分のフレームに入るからと罵声が飛ぶ始末。

 なんだかなぁ~、と言う感じです。

 まあ、あの辺の連中と関わって良い事は無いので、撮影ポイントとしては、踏切横の丁度パトロールに来ている地元の有志の人達が車を駐車させているスペースに陣取りました。
 目の前はこういう感じになります。
110206_

 さて、C57 1号機牽引のSL北びわこ1号が河毛駅に到着
110206__2

 この先は高時川鉄橋を渡るまでの区間11.7‰の上り勾配が続くことから、河毛駅でしっかり準備をします。
110206_2_2

 河毛駅を発進
 この時、ドレンを盛大に切ったのでドレンまみれに(^^;A
110206__3
 ちなみに、本日は年末に入手したZA24mmF2とSIGMA30mmF1.4EXの初出撃
 こちらは、SIGMA30mmF1.4EXで撮ったカットです
110206_2_3
 煙よりドレンの方が多いよね?

 この後、うちの奥さんを連れて長浜スクエアに昼食を食べに行きました。
 最近うちの奥さんは敦賀で美味しいカレー・オムライス・カツ丼(卵とじの方ね)が食べることが出来ないと嘆いております。
 ということで、長浜近辺で美味しいカレーやカツ丼のお店の情報を募集中ヾ(^^;

 今回は、洋屋というお店に行きました。
110206_1_2

110206_2_4

 庭先はオープンカフェになっています。
 春先なら庭先のオープンカフェで食べてみたいですね。
110206_3_2

110206_4

 σ(^^;はハヤシのルーがかかったオムライス、うちの奥さんはカレードリアをいただきました。
110206__

 さて、午後の部は天気が悪いので、先ほどの北陸本線と北陸道のクロスする場所の直ぐ北側にて撮影することとしました。
 ここなら、上り坂で煙が期待できます。
110206__2_2

 しかし、皆さん考えることは同じ様で、既に50人以上の人が集まっていました。
110206_1_4

110206_2_5

 結局サイド側から撮る事にしました。
 こういう風景になります。
110206__1

 天気の方は日が射したり、雲に隠れたりを繰り返し。
 サイドに居る人達からすれば此処は日が出てくれた方が嬉しいのですが・・・

 結果はというと
 何とか、サイドに弱い日が当たる状態になってくれました。
110206__4
 相変わらず、大量のドレンを吐きながら走ってきたので、α700で撮ったショットのうち、動輪が見えるカットはこの1枚のみに
 α-9&ZA24mmF2の方は1スパン左側を撮ったので、こちらは綺麗に動輪が写っていると思われますが、ポジなので現像が終わるまでお預けになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|