我が家の花々

害虫との闘い

 昨年末に川崎の自宅に戻ってきて
 やっと自前の庭で、以前敦賀で育ててきた観賞植物を育てる事に
 環境が変わったので、色々と以前と違う状況に

 川崎の我が家の自宅は夏からショウリョウバッタのメスが1匹住み着いていたり、以前の敦賀のバルコニーよりオープンな環境なのですが、それが逆に問題にもなったりする。

 今回は今まで全く害虫が付かなかった椿の木2本が害虫に狙われてかなりの葉が丸坊主に・・・
 土曜日にピンセット片手に害虫との闘い開始

 相手は、椿愛好家には目の敵にされている「チャドクガ」の幼虫

 ピンセットで50匹以上もの害虫を退治したのですが
 翌日には両腕に100箇所以上の赤い斑点が
 チャドクガ退治の時に毒針毛の攻撃を受けた模様orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

所変われば開花時期もズレるのは判るが

 我が家の4月の花の主力は鉢植えの桜

 敦賀在住時代の我が家の鉢植えの桜の開花順序はというと

先ずはソメイヨシノに遅れること3日程で旭山が開花
次にソメイヨシノが散り始める頃に鬱金と御衣黄がほぼ同時に開花
こちら2種類に対して数日の遅れで松月が開花
GW頃にトリとして関山が開花する
(関山が開花する頃にはとっくに旭山が散っている)
というパターンでした。

 ところが、昨年末に川崎に帰ってきてから初めての春を迎えると
 なんと、松月より2日先に関山が13日に開花、しかも今日、松月が開花した時点で旭山もまだ花が半分程残っていて、全ての桜が咲きそろう状態となりました(初の快挙!)

 北陸より関東の方が春の気温の立ち上がりが早いのが理由なのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

我が家の桜 2011年開花編

 我が家の桜の開花状況:4月17日時点

 旭山桜はほぼ満開状態110417__25

110417__26

 松月桜は開花し始めたところ
110417__27

110417__28

 ボケの花も今年は蕾を沢山つけて、無事開花しました
110417__29

110417__30

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

赤カノコユリ&オニユリ&カサブランカ 花爛漫

 先日開花したばかりの赤カノコユリ、オニユリ、カサブランカが丁度満開に

 こちらは、赤カノコユリ
100722
 一昨年の秋に植えた1つの球根が分球して、茎が2本出てきています。

 こちらは、オニユリ
100722_2
 大きな茎は2本、他にムカゴから出た茎が花を1つつける程度に成長しています

 こちらは、カサブランカ
100722_3
 毎年、蕾を6個はつけてくれて、カサブランカ系統の中では一番の優等生
 今年も濃厚な匂いで自己主張してくれています

 ユリの仲間は、この3種類で終わり

 そろそろ西洋アサガオが咲いてくれると嬉しいのですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オニユリ&カサブランカ 開花

 我が家のユリのラストバッターとして、オニユリとカサブランカが開花しました。

 先ず、オニユリ
100718
 オニユリは、敦賀近辺や南越前町でも自生しています

 オニユリの球根のうち1つは、食用の百合根として売っていた物を植えた奴です
 もう1本のオニユリと同じくらいに成長しています
100718_2

 こちらは、カサブランカ
100718_3
 濃厚な匂いを漂わせてくれています

 こちらは、もう1本のカサブランカ系統の花
 最初咲いた奴は花びらに薄くピンクが掛かっていたのですが、後から咲いたのは殆どカサブランカと区別が付かない真っ白は花に
100718_4

 上の画像で、左側にユリの花に鎮座しているアマガエルさん
100718_5
 今年成長したばかりの小さなアマガエルが2匹我が家のベランダに生息しています。

 先日開花した、赤カノコユリも良い感じで咲いています
100718_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カノコユリ開花

 この時期は、ユリが次から次へと開花して、楽しい毎日です。
 15日は赤カノコユリが開花しました。
100715
 カノコユリは一昨年秋に植えて、昨年は強風で天女を除いて折れてしまいました。
 今年は、赤カノコユリだけ残って、他のカノコユリは強風に折られました。

 しかし、赤カノコユリは1年の間に分球して今年は茎を2本も出してくれて、蕾は合計10個以上あります。
 2年連続で強風にやられた白カノコユリは、来年こそ咲いて欲しいですね。

 こちらは、ユリの花に生息している我が家のアマガエル
100715_2

 こちらは、先ほどの画像をトリミングしたもの
100715_3

 今年オタマジャクシからカエルになった若い奴なので、1cmほどの小さいカエルです。巨大な「サクユリ」の花びらの端にチョコンと鎮座しているのが可愛いですね
100715_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世界最大の原種ユリ

 14日に「サクユリ」が開花しました。
100714

 この「サクユリ」は、原種ユリとしては世界最大の花のサイズを誇ります。
 花の直径が約20cmもの大輪の花を咲かせます。
100714_2

 「サクユリ」の球根は元々は2つ有って、茎が2本出ていたのですが、春の強風で1本が成長点を折られてしまい、咲いたのが残り1つのみでした。
100714_3

 しかし、この茎とは別に分球から1つ新芽を出して、その茎が花を1つ付けていました。
 来年この球根が大きくなるのを願っています。

 一方、「ヤマユリ」は満開状態になりました。
100714_4

 他にもカラーカサブランカの一種、淡いピンクの「タッチ」が開花しました。
 こちらは、一昨年からの球根から咲いた花
100714_

100714__2

 こちらは、昨年秋に植えた冷蔵調整の球根が一度雪で枯れて、今年の春に再度芽が出たもの。
 少し色が薄いです。
100714__3
 こちらは蕾が6個ほど有り、今後も楽しみですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤマユリ咲き乱れ

 10日に我が家のヤマユリが開花
 翌11日には、3つの球根から生えている茎全てのヤマユリが2~4つ開花して咲き乱れ状態になっています。
100711__1

 2つの球根がそれぞれ4つの蕾を付けており、両方共に2つずつ開花しています。
100711__2

 一番大きい茎は蕾が6つ、うち4つが開花状態です
100711__3

 更に、今年分球して新しく出てきた小さなヤマユリが、大きな花を1つ咲かせていました。
 合計9つのヤマユリの花が咲いている事になります。
100711__4
 こちらも、球根が大きくなれば複数の蕾をつけてくれるでしょう。

 他にも、カラーカサブランカの赤品種(たぶん「マンボー」だと思うのですが)も8日に開花
100708_

 翌9日には満開状態になっています。
100709__1
 このカラーカサブランカですが、晩秋に咲かせる様に冷蔵保存していた夏植えのモノが、花を咲かせる直前に雪に見舞われて立ち枯れ。その後今年春に再度茎を生やして花をつけたものです。

 こちらは、我が家の夏のベランダのお供、アマガエルです
100709_1
 大きさからして、今年生まれたオタマジャクシがカエルになったばかりの若いカエルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

黄色カサブランカ開花

 2日にカサブランカ系等のユリの一つ、黄色い花を咲かせる「コンカドール」が開花しました。
100703

 寝室の窓を開けると、カサブランカ系統特有の濃厚な匂いが押し寄せます。
100703_2

 他の各種カサブランカ系統や「ヤマユリ」、「サクユリ」も蕾を膨らませていますので、今月半ばには開花すると思われます。

 また、オニユリに近い仲間の園芸種である「シトロネラ」も時を同じくして開花しました。
100703_3

 親株は今年も15個以上の蕾をつけています。
100703_4
 分球した球根から出た子株や、木子からの子株の花を含めると30個以上の蕾が次々と咲く事となり、こちらもかなり派手になります。

 黒百合:「ランディーニ」は今が旬
 良いタイミングでオーバーラップしてくれたことになりますね!
100703_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

紫陽花・黒百合・鉄砲百合・萩の花

 先日開花した我が家のアジサイも色がかなり濃くなってきました
10062301_

 また、ガクアジサイもガクの部分が色づきました
 こちらは、薄い水色の花
10062302_

 スカシユリの花も第3弾として、黒百合「ランディーニ」が開花
10062304_

 クロというよりチョコレート色というべきでしょうけど(^^ゞasease
10062305_
 しかし、黒百合というと「ブラックサレナ」とも言うらしいが、「サレナ」って何語?

 また、鉄砲百合の仲間も開花しました
10062303_
 花からすると「みやび」という種類ですが、茎の生えてきている場所にあるタグは「ひのもと」
 「ひのもと」は鉄砲百合らしい白い花ですから違いますね
 球根から斜めに茎が生えて、別の種類が出るべき場所から茎を地上に出した模様

 しかし、「ひのもと」に該当するべき茎が見つからないのですけど(^^ゞasease

 萩の花も開花しました。
10062306_
 この時期に一度咲いて、秋にもう一度咲きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧